ジミ・ヘンドリクスのDVD・ブルーレイ

Jimi Hendrix DVD

オススメ!ジミ・ヘンドリクスのDVD・ブルーレイ-Recommended Music DVD-

今Amazonで売れている人気の ジミ・ヘンドリクスのDVD・ブルーレイはこの10本です。

ジミ・ヘンドリックス スペシャル・エディション [DVD]

¥ 1,222

   聖人伝に名を残すべきアーティストが今までに存在したとしたら、それはジミ・ヘンドリックスだろう。本作はジョー・ボイド監督による1973年の“公認”トリビュート映画で、ジミ伝説を世に広めるには充分な内容。ドキュメンタリー作品らしかぬことではあるが、画面に登場するさまざまな語り手の意見よりも、選りすぐりのコンサート映像のほうがジミの偉大さをストレートに伝えている。ピート・タウンゼント、ミック・ジャガー、ルー・リード、ジャーメイン・グリアといった面々が担ぎ出され、ジミと過ごした日々を情緒たっぷりに語っているものの、目と耳で確認するジミの演奏ほど雄弁なものはない。テレビ番組『Ready Steady Go!』のザラついたモノクロ映像の中で演奏される「Hey Joe」、有名な記録映像でつづられるモンタレーやウッドストック(そう、あの「The Star-Spangled Banner」)やワイト島でのフェスティバル出演、12弦アコースティック・ギターを使っての「Hear My Train a' Comin'」などを通して、音楽家ジミがみずから語りかけてくるのだ。
   しかし、この作品から音楽家ジミの圧倒的な輝きは伝わってきても、人間ジミの横顔はそれほど見えてこない。たとえば、ジミの死をめぐる状況にはほとんど触れられずじまいだ(当時の恋人モニカ・ダンネマンが数秒間だけ姿を見せる程度)。ジミ本人のインタビュー映像のほか、父親、軍隊時代の友人たち、元恋人たち(ジミをニューヨークで“発見”し、イングランドに連れてきたリサ・キースも含まれる)、それにミュージシャン仲間たちによる少々一貫性のないコメントが挿入されているが、音楽自体が持つ説得力にはかなわない。いちばん気の利いたコメントを寄せたのは、リトル・リチャードだ。彼は持ち前のクレイジーさを発揮して、ジミの音楽をこう評している――「何度かあったことなんだが、聴いているうちに、俺の足が勝手にブーツの中に吸い込まれていくんだよ」。(Mark Walker, Amazon.co.uk)

ジミ・ヘンドリックス [DVD]

¥ 2,268

   もし、聖人と呼ばれるのに値するアーティストがいるとすれば、ジミ・ヘンドリックスをおいてほかにはいないだろう。これは、ジョー・ボイド監督・製作による伝説のギタリストのトリビュート作品である。ジミを理解するには、誰かの語りを聞くよりコンサートの映像を見るのが一番だ。ピート・タウンゼント、エリック・クラプトン、ミック・ジャガー、ルー・リード、ジャーメイン・グリアなど、そうそうたる面々が登場し、ジミの思い出を語るのは確かに素晴らしい。しかし、それよりも、もっと雄弁に語るのがジミの演奏なのだ。「ヘイ・ジョー」を演奏したTV番組「レディ・ステディ・ゴー」の白黒映像や、モントレー・ポップ・フェスティヴァルでのクラシックな映像はもちろん、ウッドストックでの「ザ・スター・スパングルド・バーナー」や「ヒア・マイ・トレイン・ア・カミン」を12弦アコースティック・ギターで演奏したワイト島のフェスティヴァル。演奏で自身を語るミュージシャンであるジミを、これほど的確にとらえた映像集はない。
   しかし、ミュージシャンとしてではなく、人間としてのジミを知るためとしては、物足りなさを覚える。例えば、ジミの死に触れる話題がほとんど含まれていないこと。当時のジミの恋人、モニカ・ダンネマンなど、ほんの数秒しか画面に登場しないのである。父親、軍隊時代での友人、昔の恋人たち(ニューヨークでジミを“発見”し、英国へ連れて行ったとされるリンダ・キースを含む)が語るジミ像は、あいまいでコメントに統一性がない。ミュージシャンたちの話ですら、音楽そのものが語る雄弁さには遠く及ばないが、“自分に刺激を与えてくれた”というリトル・リチャードのコメントが印象的ではある。(Mark Walker, Amazon.co.uk)

ジミ・ヘンドリックス (UMD Video)

¥ 1,008

   もし、聖人と呼ばれるのに値するアーティストがいるとすれば、ジミ・ヘンドリックスをおいてほかにはいないだろう。これは、ジョー・ボイド監督・製作による伝説のギタリストのトリビュート作品である。ジミを理解するには、誰かの語りを聞くよりコンサートの映像を見るのが一番だ。ピート・タウンゼント、エリック・クラプトン、ミック・ジャガー、ルー・リード、ジャーメイン・グリアなど、そうそうたる面々が登場し、ジミの思い出を語るのは確かに素晴らしい。しかし、それよりも、もっと雄弁に語るのがジミの演奏なのだ。「ヘイ・ジョー」を演奏したTV番組「レディ・ステディ・ゴー」の白黒映像や、モントレー・ポップ・フェスティヴァルでのクラシックな映像はもちろん、ウッドストックでの「ザ・スター・スパングルド・バーナー」や「ヒア・マイ・トレイン・ア・カミン」を12弦アコースティック・ギターで演奏したワイト島のフェスティヴァル。演奏で自身を語るミュージシャンであるジミを、これほど的確にとらえた映像集はない。
   しかし、ミュージシャンとしてではなく、人間としてのジミを知るためとしては、物足りなさを覚える。例えば、ジミの死に触れる話題がほとんど含まれていないこと。当時のジミの恋人、モニカ・ダンネマンなど、ほんの数秒しか画面に登場しないのである。父親、軍隊時代での友人、昔の恋人たち(ニューヨークでジミを“発見”し、英国へ連れて行ったとされるリンダ・キースを含む)が語るジミ像は、あいまいでコメントに統一性がない。ミュージシャンたちの話ですら、音楽そのものが語る雄弁さには遠く及ばないが、“自分に刺激を与えてくれた”というリトル・リチャードのコメントが印象的ではある。(Mark Walker, Amazon.co.uk)

過去のユーザー投稿はこちら

コレクト最新投稿-Colleqto Latest Post-

[ BicycleColleqto ] [ HobbyColleqto ] [ 育児これくと ] [ 家電コレクト ] [ CarColleqto ] [ BikeColleqto ] [ ペットコレクト ] [ Men'sColleqto ]

©guitar.colleqto.com